70期司法修習生対象事務所説明会

事務所説明会【大阪】を開催しました

3月25日(土)、70期司法修習生を対象とした事務所説明会を大阪で開催しました。

はじめに、プレゼンターを務めた中野利大弁護士(63期、平成23年に入所)が、当事務所のコンセプトや研修制度、将来のビジョンについて紹介しました。アディーレとは、ラテン語で「身近な」という意味で、当事務所はあらゆる分野のリーガルサービスをワンストップで提供する総合法律事務所を目標に、全国78拠点をかまえ、弁護士数180名を超える規模でありながら、いまだ成長し続ける事務所だと説明しました。

つぎに、当事務所の6つの基幹事業である債務整理・交通事故の被害・家事事件・刑事弁護・労働トラブル・B型肝炎の給付金請求訴訟や企業法務について紹介しました。また当事務所は、個々の弁護士にさらなる経験を積んでもらうために、基幹事業以外の事件を個人受任できる制度を設けていて、個人事件を担当することを積極的に奨励していると説明しました。

板垣弁護士

その後、各分野で活躍中の弁護士4名が、当事務所について具体的に説明しました。板垣敦士弁護士(66期、平成26年に入所)は、支店業務について説明しました。当事務所は、受任件数が多く、短期間に成長するために十分な案件数をこなせる機会に恵まれていると話しました。業務過多にならないかという不安については、上長がきちんと業務量を管理しているため、残業しないと仕事が回らないという状況もないと説明しました。

中谷弁護士

つぎに、中谷真一郎弁護士(66期、平成26年に入所)は、広報業務について説明しました。当事務所では、弁護士のテレビやラジオへの出演依頼を積極的に受けているため、メディアへ登場する機会もあると紹介しました。中谷弁護士自身も、地元のテレビやラジオに出演していて、緊張する場面で冷静に話をする技術は弁護士業務にもつながっていると説明しました。

懇親会の様子

説明会終了後は、懇親会が行われ、修習生は食事を楽しみながら、当事務所の弁護士へ熱心に質問をしていました。

大阪で初となる事務所説明会は終始、和やかな雰囲気のなかで開催されました。参加いただいた修習生の皆さま、ありがとうございました。

当事務所では、貸与制のもとで修習を行う皆さまの経済的支援のひとつとして、事務所説明会への参加費無料、交通費を全額負担しております。修習地が遠方の方もお気軽にお越しください。

今後も70期修習生向けの事務所説明会を開催してまいります。開催地域や日時などの詳細が決まり次第、Webサイトで告知しますので、今回参加できなかった皆さまは、次回の事務所説明会にぜひお越しください。

事務所説明会情報

現在,参加受付中の事務所説明会の詳細はこちらよりご覧いただけます。

事務所説明会情報