70期司法修習生対象事務所説明会

第3回事務所説明会を開催しました

2月18日(土),70期司法修習生を対象とした第3回事務所説明会を開催しました。

はじめに,プレゼンターを務めた中野利大弁護士(63期,平成23年に入所)が,「弁護士を身近に感じてもらいたい」という,当事務所の理念を紹介しました。その後,当事務所の業務概要について説明しました。当事務所は,組織化,業務のマニュアル化,インフラ整備,マーケティング,ブランディングに力を注ぎ,拠点の拡大・所員の増員など,これからも成長,躍進し続ける事務所であることを紹介しました。

つぎに,法律事務所では珍しい「広報部」を設けている当事務所の広報活動について,紹介しました。所属弁護士のテレビ,ラジオ出演などにより,当事務所の認知度を上げ,法律を身近に感じてもらえるよう,さまざまな活動をしていることを説明しました。

生島有里弁護士

その後,各分野で活躍中の弁護士6名が,当事務所の特徴について具体的に説明しました。生島有里弁護士(68期,平成28年に入所)は,家庭のある弁護士の視点から,育児をしながら仕事をしている自身の勤務状況を例に,時短勤務制度について解説しました。そして,勤務時間の変更が適宜対応可能なので,柔軟な働き方ができ,当事務所は,家族の仕事に対する理解を得られやすく,長期にわたって安心して勤務できる職場だと紹介しました。

田島寛明弁護士

つぎに,田島寛明弁護士(68期,平成28年1月に入所。現在は弁護士部部長)は,当事務所が,所属している弁護士の働き方,勤務地,キャリアプランなどのさまざまな個別のニーズに応えるため,環境を整えてきたことを説明しました。そして,事前にいただいた質問の中から,特に多かった個人受任について,多くの依頼が集まる当事務所には,幅広い分野の個人受任の案件が豊富にあり,バリエーションに富んだ経験を積み,成長できる環境であることを紹介しました。

事務所見学会の様子

説明会終了後は,事務所見学会が行われました。所属弁護士は実際にパソコンの画面を修習生に見てもらいながら,業務の進み方について具体的に説明し,修習生は熱心に話を聞かれていました。
その後,懇親会が行われて,修習生は食事を楽しみながら,弁護士と積極的に交流し,修習中の過ごし方や入所後の弁護士生活などについて質問をしていました。

今回の事務所説明会には,多数の方がご参加くださり,大盛況のうちに終了しました。参加いただいた修習生の皆さま,ありがとうございました。

当事務所では,貸与制のもとで修習を行う皆さまの経済的支援のひとつとして,事務所説明会への参加交通費を全額負担しております。修習地が遠方の方もどうぞお気軽にお越しください。

今後も70期修習生向けの事務所説明会を開催してまいります。日時などの詳細が決まり次第,Webサイトで告知いたしますので,今回,参加できなかった皆さまは,次回の事務所説明会にぜひお越しください。

事務所説明会情報

現在,参加受付中の事務所説明会の詳細はこちらよりご覧いただけます。

事務所説明会情報