代表弁護士メッセージ

代表弁護士 石丸幸人から司法修習生の皆さまへメッセージ

代表弁護士 石丸幸人

はじめまして。弁護士法人アディーレ法律事務所代表弁護士の石丸幸人です。

皆さん司法試験合格,本当におめでとうございます!!
辛い勉強がやっと終わり,見るものすべてが新しく刺激的な修習に身を置き,開放感と充実感でいっぱいの楽しい時期ですね!修習での経験は実務に就いてからとても役立ち,また,修習中に出来る同期の友達は一生の付き合いとなりますので,まずは修習に全力投球!が基本です。
「でも,二回試験や就職がちょっと不安」,そんな時期だと思います。かつて私もそうでした(笑)。
特に,就職はこれから弁護士としての人生を歩む上で,非常に大事な選択となりますので,将来を考えて慎重に選択しなければなりません。
ただ,「法律事務所はたくさんあるけど,違いがよくわからない」,「どの事務所を訪問しても,何でもやっているとしか言わない」,「特定分野に特化した事務所は,その事件しか担当出来ないの?」,「個人事務所は,ボスとの相性が合わないと最悪だと聞く」,「経営が危ない事務所は,どうやったらわかる?」など,就職先である法律事務所のことは,わかりにくいのが現実です。

そこで,私は,縁あってこのサイトをご覧いただいた皆さんに,アディーレのことを知っていただくため,できるだけわかりやすくご説明してまいります。

皆さんにアディーレを知ってもらうためのキーワードは,ズバリ「6つのJ」です!

事件数

「事件を早く的確に処理できるスキルを身に付けたい!」

的確に事件を処理する力を手っ取り早く身に付けるためには,たくさんの事件をどんどん担当して,どんどん処理していくのが一番の近道です。最近は仕事が少なくなったという法律事務所の話も聞きますが,アディーレは毎月4000~5000件の事件を,全国の依頼者の方から新たにお引き受けしています。これは,平均的な弁護士が一生に担当する事件数の2~2.5倍に相当します(50件受任/年×40年間)。つまり,アディーレでは,弁護士の一生分の事件数を半月程度で受任する計算になります。皆さんが早く一人前の弁護士になりたいと思うのなら,ぜひアディーレで「事件のシャワー」を浴びてください!1年経てば,同期の弁護士との差を大きく実感できるはずです。

事件は会議室ではなく「アディーレで起きている!」のです(笑)。

自分探し

「自分にはどの法律分野が合っているかわからない。だから最初は事件を幅広くやってみたい!」

テレビCMの影響もあるのでしょうが,皆さんの中には,アディーレは債務整理だけをやっている事務所というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。たしかに設立当初は債務整理をメインとしてスタートしましたが,現在では,リーガルサービスの主要分野である債務整理事件,交通事故事件,家事事件,刑事事件,労働事件,行政事件(現在メインはB型肝炎訴訟),企業法務を幅広く取り扱っており,アディーレの試算では,上記7分野で全体のリーガルサービスの約85%をカバーしていることになります。

そして,アディーレでは,ほかの法律事務所では類を見ない研修制度を設けており,最初の3ヵ月間は実務を一切担当せずに研修のみを行います。当然この研修内容は,アディーレがこれまで処理してきた膨大な事件のノウハウが凝縮されたものですから,この研修を受講することによりスキルは飛躍的に高まります。 研修でノウハウをマスターした後に,幅広い分野の豊富な事件処理を通じて,自分のやりたいこと,自分の適性をしっかり見極めてください!「何でもやってみたい!」は修習生の特権です!

修習生の「自分探し」は,ボランティアではなくアディーレですよ!(笑)

人材

「法律事務所の雰囲気ってどんな感じ?自分に合うかな?」

アディーレには,たくさんの所員がいます。弁護士数は180名以上,事務員も含めると1,000名以上が働いています。また,全国に83拠点以上の支店が存在し,各々が密に連絡を取り合いながらチームで仕事を担当します。

所属弁護士は,60期台の若い期の弁護士たちが中心ですが,弁護士の年齢は20歳代から70歳代までさまざまです。アディーレにとっては,20歳代の若い力も重要であるとともに,さまざまな人生経験を経て弁護士になられた30歳代以上の弁護士の力もとても重要です。そのため,年齢制限は一切設けておりません(採用について詳しくは採用情報もご覧ください)。

また,アディーレには,従来型の法律事務所によくある上下関係・師弟関係のようなものはなく,若い期の先輩弁護士が後輩弁護士をサポートし,互いに助け合いながら業務を行っています。とても風通しのいい職場です。何より,年齢も経験もさまざまな同期の弁護士がたくさんいますので,先輩だけでなく同期にも気軽に相談しながら職務に臨める環境が整っています。

飲み会はもちろん,フットサル会,テニス会,ゲーム会,山登り会,麻雀会,スイーツ会,女子会など,仕事を離れての活動も活発です。

でも,遊んでいるだけではなく,全員が一生懸命仕事に取り組んでおり,若いベンチャー企業のような雰囲気の中で,お互いがいい刺激を受け合って自分を成長させているのがアディーレの特長です。

チャレンジ精神とスピード感を大切にできる人に,アディーレは特にオススメです!

次世代型

「弁護士が増えて競争が激化といわれる中,これからは何が求められる?」 アディーレとは,ラテン語で「身近な」という意味です。これから求められるものは,弁護士が「身近な」存在となってサービス業であることを徹底し,依頼者の方の信頼を得られる法律事務所になることです。

アディーレは,これを実践する「次世代型」の法律事務所を目指しております。

土日祝日の営業,深夜営業,法律相談は何度でも無料,フリーコールの設置に始まり,支店開設によるアクセスフリーの実現,メディアへの出演など,挙げればキリがありませんが,アディーレはこれまでの法律事務所では考えられなかった,サービス業としての弁護士業務を展開してきました。

アディーレでは,サービス業として実践していくことができる法律事務所だけがお客さまから選ばれ,「次世代型(ネクストスタンダード)」の法律事務所として生き残ることができると信じています。

「お客さまの利便性をいつも考える」ことは,アディーレの所員全員が共有している一番大事な想いです!

殿様商売の時代はもうとっくの昔に終わりました!

女性

「家庭や出産,育児との両立は,正直無理なのでは?」

アディーレでは,多くの女性が働いており,事務員も含めると全体の約6割を女性が占めています。女性の協力なしではアディーレは成立しないのです。

特に女性の修習生にとって,将来の出産や育児はとても大切ですが,法曹界全体としては,これらに十分な配慮がなされていないのが実情です。

アディーレには上記のとおり大勢の弁護士が所属していますので,お互いにフォローし合うことにより,女性の家庭との両立や,出産・育児休暇をしっかり取得できる体制が備わっています。実際に,出産・育児と両立しながら活躍している女性弁護士が数多く存在します。

「アディーレで働く女性弁護士の本音を聞きたい!」という方はコチラもご覧ください。

また,女性が多くを占めるということは男性の修習生にとっては出会いのチャンスとなるかもしれません(笑)!

アディーレは,自由恋愛制を採用していますので(笑),実際にゴールインしたカップルもたくさんいますよ!

最後のJ

最後のJは,皆さんがアディーレを知るために一番重要な項目です!

それは何でしょうか?
すこし考えてみてください…。

ヒントは「行動すれば必ず見えてくるものがある!」です。
『「Judge(裁判官)になる」では,ありませんよ!(笑)』

最後のJは…

実際に,事務所説明会に参加してみる!

これまでに私が説明してきたことが本当かどうか,実際にアディーレに来て確かめてください。説明を聞いて,質問して,考えてみてください。そして,ほかの法律事務所と比べてみてください!アディーレに入所するかどうかはさておき,きっと皆さんの就職活動の大きな参考となるはずです!