弁護士 奈良 嘉久

弁護士 奈良 嘉久のインタビュー

弁護士 奈良 嘉久

法律家を目指した理由

私が法律家になろうと思ったきっかけは、高校生の時に出逢った弁護士の仕事に関する書籍でした。「(弁護士は)一般的な会社員よりも、より直接的に社会に貢献できる可能性が高い」という点に感銘を受けたのを覚えています。その後、司法試験に合格し、修習後に選んだのは弁護士ではなく裁判官でしたが、修習中も、特別に裁判官だけを目指していたわけではありませんでした。情熱を持って仕事ができるだろうという点で、弁護士や検察官も同じように魅力を感じておりましたので、修習期間の終了間際まで進路について迷いました。最終的には「公平な立場で事件処理をしてみたい」という考えが強くなり、裁判官を選択しました。

裁判官から弁護士への転身

奈良 嘉久

裁判官を10年経験しましたが、裁判官時代にはさまざまな事件を担当しました。その中で特に印象に残っている事件がいくつかあります。バイクの2人乗りの事故に関し、どちらが運転していたのかが争われた事件で、鑑定や検査などを行った結果などを踏まえて、運転者を確定し、判決をした事件は今も鮮明に覚えています。また、さまざまな家事事件を担当しましたが、中には祭祀財産の帰属が争われた事件もありました。争われた理由にもよるところですが、このような問題で相続人の間に争いが生じている現実を目の当たりにしていると、亡くなった故人(被相続人)も浮かばれないのではないかと、しみじみ思ったことをよく覚えています。

その後裁判官を辞め、弁護士になろうと決意したのは、最初に法律家を目指したころの初心に立ち返り、法律知識を駆使して社会に貢献するという法律家の使命に集中したいと思ったからです。もちろん、そのまま裁判官の職務を全うし続けることでも、社会貢献はできたと思いますが、裁判所も1つの組織ですから、組織のしがらみなどで、本来の裁判官としての職務以外の業務に時間や労力を割かなければならないこともありました。私は、そのような環境に徐々に矛盾を感じるようになり、悩みましたが裁判官を辞めて、弁護士の道に進むことにしました。

弁護士に転身後は、個人事務所を立ち上げ、1人で弁護士業務を行っていました。この時期に担当して印象的だったのは、家事事件における不貞相手の訴訟代理人として弁護活動を行った事件です。依頼者が代理人である私に不貞をしていた事情を隠しており、法廷で隠し玉的な弾劾証拠が出てきたときは本当に驚きました。裁判官としても弁護士としても、それなりに人生経験を積み、人の嘘を見抜けるようになっていたつもりでしたが、依頼者の中には代理人である弁護士にさえ事実を言わないことがあることを痛感し、「もっと人を見る目を養わねば」と反省したのを覚えています。

アディーレの弁護士として思うこと

前述のように、私は弁護士業務を1人で行ってまいりましたが、ご依頼いただいた事件では、ご依頼者の方々の期待に応えてられてきたという自負はもちろんあります。しかし、1人事務所ですので、自分の事件処理の仕方しか知りません。「もっとよい事件処理の仕方があるのではないか、自分のやり方以外の方法を学び、より柔軟でよりよい事件処理を行えるようになりたい」と考える気持ちがだんだん強くなってまいりました。アディーレは、これまでに多くのご相談、数多くの事件処理を行っていましたので、きっと数多くのノウハウが蓄積されており、それを学び成長できる環境があるに違いないと思えたからです。また、事務所の雰囲気がとてもよく、明るく活気に満ちているところにも惹かれました。
アディーレへの入所を決め、入所しましたが、入所前に感じていた期待はそのまま現実のものとなりました。事務所にはさまざまな事案の相談が寄せられますが、アディーレの弁護士たちは、これまでのノウハウを駆使して変幻自在に対応し、これを解決に導きます。個人事務所で弁護士をしていた私は、まったく感嘆するばかりです。また、弁護士間の風通しが良好で、同僚の弁護士たちの経験やノウハウの共有を受けたり、個々の事件に関して詳細なアドバイスを受けられたりできるのも大変ありがたいことだと思っています。

これから応募される方へのメッセージ

私が裁判官として10年、弁護士としては10年以上と、人生の半分近くを法曹界に関わる者として仕事を続けてきて思うのは、環境の大切さです。1人で解決できる案件には限界がありますし、大きな組織に所属していたとしても、組織の都合に振り回されては知識や経験を生かして実力を発揮することは難しいと思います。アディーレには、法律家としての業務に集中できる環境があり、他の弁護士と経験値を共有し、生かすことで、より依頼者のニーズに応えられる解決策を提案することができます。
また、アディーレでは、債務整理事案だけではなく、家事事件、交通事故事件、労働事件など、7つの基幹業務を展開しており、それぞれの分野の事案について、個人事務所ではなかなか得られない多くのノウハウが蓄積されています。これから弁護士を目指す皆さまには、ぜひアディーレに入所して、弁護士としての経験値を高め、社会に貢献できる存在になってほしいと思います。