弁護士クロストーク 二回試験落ちした弁護士の体験談

“絶対に落ちたくない”二回試験。残念ながら不合格となり、悔しい思いをした現役弁護士が、二回試験リベンジまでの道のりを語ってくれました。不合格経験者だからこそ語れる貴重な経験談をぜひご覧ください。

弁護士クロストーク

二回試験対策講座 動画プログラムの内容

70期弁護士による最新の動向

2018年入所70期弁護士による「二回試験対策プロジェクトチーム」が最新の70期起案・司法研修所講義を徹底分析!「落ちない起案」を目標とし、科目ごとに「出題内容」「頻出項目の書き方」「NG集」の3部構成で、二回試験の最新動向をお伝えします。

第1回民事弁護の最新動向(約1時間)
  • 1-1民弁起案で問われる主な内容
  • 1-2最終準備書面の答案構成例(例:原告側)
  • 1-3争点の立証見通し及び理由答案例
  • 1-4証拠収集の手段
  • 1-5和解
  • 1-6民事保全法・民事執行法
  • 1-7弁護士倫理(『解説弁護士職務基本規程』第3版)
  • 1-8民弁NG集
第2回民事裁判の最新動向(約1時間)
  • 2-1民裁起案で問われる内容
  • 2-2訴訟物・個数・併合態様答案例
  • 2-3主張整理(見出し・要約)問題の書き方
  • 2-4争点(争いのある主要事実)の書き方
  • 2-5争点に対する判断(結論・理由)の書き方
  • 2-6民裁NG集
第3回刑事弁護の最新動向(約1時間)
  • 3-1刑弁起案で問われる内容
  • 3-2想定弁論 答案構成例(犯人性・直接証拠型)
  • 3-3P側証人の反対尋問で獲得すべき事項
  • 3-4想定弁論作成の手順
  • 3-5反対尋問解答手順(供述の変遷型)
  • 3-6弁護士倫理~出題されたら要注意~
  • 3-7刑弁NG集
第4回刑事裁判の最新動向(約1時間)
  • 4-1刑裁起案で問われる内容
  • 4-2意味合い・重み 答案構成例
  • 4-3意味合い・重み(公判前整理手続終結前/公判段階)
  • 4-4(参考)直接証拠からの事実認定
  • 4-5接見等禁止請求・勾留請求・保釈請求など
  • 4-6刑裁NG集
第5回検察の最新動向(約1時間)
  • 5-1検察起案で問われる内容
  • 5-2終局処分 答案構成(単独犯)
  • 5-3犯人性答案構成見出しの全体像
  • 5-4犯人性間接事実の記載例
  • 5-5犯罪の成否等答案構成(見出しの記載例)
  • 5-6検察起案(犯人性・犯罪の成否等)の作成手順
  • 5-7検察起案NG集

弁護士 柴田孝之の二回試験対策講座 動画プログラムの内容(所属団体等は2016年時点のものです)

  • 第1回 ワンポイント講義 「研修所起案完全攻略法~勉強法とその技術」(約1時間)
  • 第2回 民事裁判 「民事裁判起案機械的作成法!実は易しい民裁起案。」(約1時間10分)
  • 第3回 刑事裁判 「推認力が見える!推認力が強い、弱いとは!?」(約1時間20分)
  • 第4回 検察 「検察官の意図を読み切れ!罪名を間違えず、時間内に起案をまとめるコツを大公開。」(約1時間5分)
  • 第5回 刑事弁護 「刑弁スピリットとは~被告人はクライアントである!」(約1時間)
  • 第6回 民事弁護 「最終準備書面作成のコツ~すべては依頼人のために。」(約50分)

講師プロフィール

弁護士 柴田孝之(協力弁護士)

柴田 孝之(協力弁護士)

弁護士、LEC東京リーガルマインド専任講師。東大法学部を現役合格、東大在学中に旧司法試験を一発合格後、LECにおいて司法試験の受験指導を開始。その独特の魅力的な語り口とわかりやすい説明は、司法試験受験界に圧倒的な支持を集め、著書も多数。

「S式の柴田講師」といえば、司法試験受験界はもちろん、法曹界においても説明不要の抜群の知名度を誇る。司法修習は「全優」で卒業、2013年に弁護士登録。講師はもちろんのこと、弁護士としての職域も広げ、八面六臂の活躍中。

資格
弁護士
所属
三重弁護士会
出身
三重県
出身大学
東京大学法学部
所属委員会等
LEC東京リーガルマインド専任講師

弁護士 豊田 浩己(70期弁護士)

豊田 浩己(70期弁護士)

弁護士。大手資格予備校の講師として、長年に渡り予備試験や行政書士等の講座の企画・制作・講義に携わった経験を持つ。講師としての信条は、講座を受講してくださった方全員に合格していただくこと。
情報の信頼性・新しさ・見やすさにこだわり、「二回試験対策プロジェクトチーム」とともに最新の二回試験を徹底的に分析する。
予備試験合格を経て2016年司法試験合格。2017年弁護士登録。

資格
弁護士、行政書士(有資格)、宅地建物取引士(有資格)
所属
東京弁護士会
出身
滋賀県
出身大学
立教大学経済学部(予備試験)