数字で見るアディーレ

弁護士数・スタッフ数

全国の法律事務所中第8位の弁護士数!!

弁護士数は全国の法律事務所中第8位!!

法律事務所の先進国であるアメリカやイギリスの大規模ローファームでは,弁護士とパラリーガルとの分業制が一般的です。アディーレ法律事務所では,弁護士とパラリーガルが各々の役割に特化した業務を担うことによる「効率化の実現」と,パラリーガルが弁護士業務をサポートすることで生まれる「組織力」という大規模ローファームの利点を最大限に活かすことで,クオリティの高い法的サービスを依頼者の方に提供し続けてきました。

その成果もあり,アディーレは,弁護士を含む総勢700名以上のスタッフを抱える大規模ローファームに成長しました(2019年1月時点)。151名という弁護士数は業界第8位にランクインしております。

なお,弁護士白書2018年版によれば,全国の法律事務所のうち弁護士数が101人以上の事務所はわずか0.06%とのことです。

今後も,さらなる事業拡大を目指して成長を続けるとともに,所属弁護士のキャリアパス・福利厚生の充実に努めてまいります。

全国法律事務所の弁護士数
順位 事務所名 弁護士数
西村あさひ法律事務所 565
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 467
長島・大野・常松法律事務所 458
TMI総合法律事務所(※1) 428
森・濱田松本法律事務所 413
弁護士法人ベリーベスト法律事務所 178
シティユーワ法律事務所 152
弁護士法人アディーレ法律事務所 151
弁護士法人大江橋法律事務所 139
10 渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 128

ジュリナビWebサイト(2019年1月時点)より

※1 モルガン・ルイス・アンド・バッキアス外国法事務弁護士事務所、アーキス外国法共同事業法律事務所所属弁護士数含む

拠点数

拠点数全国No.1!

拠点数全国No.1!

アディーレは全国に69拠点を開設しており,日本最大の拠点数を誇るローファームとなっています。2019年4月時点における全国の法律事務所の拠点数ランキングを見ると,アディーレの拠点数は,他を大きく引き離して堂々の第1位に位置しています。法的ニーズがある限り,さらに拠点を開設し,事業規模を拡大していく予定です。

法律事務所の拠点数(2019年4月時点)
順位 事務所名 拠点数
弁護士法人アディーレ法律事務所 69
弁護士法人泉総合法律事務所 40
ベリーベスト法律事務所 32
虎ノ門法律経済事務所 31
弁護士法人アトム法律事務所 12
弁護士法人ALG&Associates 11
弁護士法人愛知総合法律事務所 11
弁護士法人心
弁護士法人サリュ法律事務所
10 弁護士法人港国際法律事務所
10 弁護士法人アドバンス
10 名城法律事務所
10 弁護士法人平松剛法律事務所

アディーレ法律事務所調べ

受任件数

弁護士の生涯事件数を半月でクリア!!

最近,仕事が少なくなったという弁護士の話をよく耳にします。日弁連が実施した弁護士実勢調査における新規受任件数アンケートにおいても,回答者の7割以上が月平均0~5件程度にとどまっています。

これに対して,アディーレは,毎月4000~5000件の事件を新規受任しています。平均的な弁護士の新規受任件数が年間60件(月5件)として,弁護士活動を40年間続けると仮定すると(60件×40年=2400件),アディーレの月の新規受任件数は,平均的な弁護士が一生の間に受任する事件数の約1.7~2倍超に相当します。つまり,アディーレでは,弁護士の一生分の事件数を半月程度で受任する計算になります。

皆さんが,短期間で一人前の弁護士になりたいと思うのなら,ぜひアディーレで「事件のシャワー」を浴びてください!1年経てば,同期の弁護士との差を大きく実感できるはずです。的確に事件を処理する力を手っ取り早く身に付けるためには,人一倍多くの事件を担当し,処理していく方法が一番の近道です。

弁護士実勢調査2014 1ヵ月あたりの新規受任件数 74.3%が5件以下!

顧客満足度

圧倒的な顧客満足度を実現!

アディーレでは,弁護士業務を「サービス業」と捉え,顧客満足度向上のために,顧客アンケートを実施しています。債務整理については,当事務所にご依頼いただいた方の96.5%(※)から「満足」とご回答いただき,多くの依頼者の方にご満足いただいていることを実感しています。このような結果に結びついたのは,これまで蓄積してきた膨大な事件処理のノウハウがあることに加え,土日祝日も休まず朝10時から夜10時までお電話を受け付けていること,全国の各拠点を交通アクセスの良い主要駅付近に配置しているなど,常にお客様目線に立ったサービスを徹底してきたことによるものと自負しています。

※「アディーレお客様相談室」による集計(2012/04/01~2018/09/30)

個人事件提供数

多種多様かつ多数の個人受任案件を事務所から所属弁護士へ提供!!

通常,新人弁護士は,所属法律事務所の依頼者の方からの紹介というルートで個人事件を獲得することができないため,縁故や知人・友人の紹介,各種委員会や異業種交流会に参加したりなどさまざまな営業手法で個人事件を獲得しなければなりません。しかし,アディーレでは,福利厚生の一環として,個々の弁護士にさらに幅広い経験を積んでいただくために,法律相談のあった案件のうち,法人取扱案件以外を個人受任案件として所属弁護士に提供しております。

 

実際に,平成30年度は年間2965件もの一般法律相談の問い合わせをいただき,これらを個人受任案件として所属弁護士に提供しました。そのジャンルは,相続トラブル,消費者トラブル,不動産トラブル,債権回収など多種多様です。

アディーレは,今後もバリエーションに富んだ経験や,+αの副収入を得られる機会を所属弁護士に提供し続けていきます。

年収

2~3年目で年収2倍も夢じゃない!

弁護士の低年収化が叫ばれる中,事務所を選ぶ際に年収を重視される方も多いのではないでしょうか。

日弁連が65期・66期弁護士を対象として実施した就業状況アンケートによれば,53.0%もの弁護士が,年収500万円未満であると回答しています。

これに対して,現在アディーレに所属する65期および66期の弁護士の平均年収は814万円であり,他事務所の若手弁護士(65期・66期)の平均年収の1.6倍以上の年収となっています。また,地方赴任者については,平均年収は850万円となっており,給与以外にも社宅制度を設けて福利厚生を充実させています。アディーレでは,入所以降の報酬が1.8倍になった66期弁護士や,1.9倍になった65期弁護士もおり,能力により,早期に高収入を得られる職場となっています。

65期・66期弁護士の年額所得(2014年) 53.0%が500万円未満!