合格者から見たアディーレ

修習生にも“身近な”事務所。弁護士の仕事は多様性に富んでいました

法科大学院の先輩がアディーレ法律事務所に入所されると伺い,以前から非常に興味を持っておりました。そこで,司法試験合格後,事務所見学を申し込んだところ,すぐに快諾いただけました。ほかの法律事務所にも見学の依頼をしていたのですが,「まず,成績証明書を提出してください」「司法試験の成績表を…」「履歴書と職務経歴書を…」「個別の事務所見学はお断りしており…」という事務所ばかりでしたので,アディーレの素早い対応に単純に驚きました。そして,司法試験の合格後に札幌支店を見学し,弁護士の方々の対応の良さに驚き,「もっとアディーレのことを知りたい」と思い,札幌支店で働かせていただきました。

私は主に,家事事件や刑事事件にかかわり,離婚の訴状の作成補助や不貞行為の証拠調査など幅広い課題に取り組みました。作成したすべての書面について,弁護士の方から直接フィードバックをいただくだけではなく,事件を解決するノウハウまでご指導いただきました。どの案件も司法試験の勉強では絶対に経験できないものばかりで,「アルバイト」というよりは「研修,課題,勉強」といったほうがしっくりくる充実した時間を過ごすことができました。また,支店長の鈴木淳也弁護士はメディアでも活躍されており,テレビ取材で必要な情報の調査業務にも携わらせていただきました。旧態依然とした法律事務所が多い中,ビジネスとして事務所経営をとらえ,新しい挑戦を常に続けていく様は,ベンチャー企業に通じるものがありました。私はもともとベンチャー系企業に勤務していたこともあり,そのような姿勢に強く共感しました。

アディーレには,魅力的で素晴らしい弁護士の方が在籍されていました。刑事事件に携わった際,私は「執行猶予中の犯罪なので,実刑で間違いないだろう」と安易に考えていました。しかし,担当の佐々木弁護士は,依頼者の方が真に更生するためにはどうすればよいか時間をかけて考え,佐々木弁護士自ら更生のためのグループホームを探し,連絡を取っていました。私は自分が作業として刑事事件にかかわろうとしていたことが恥ずかしくなり,佐々木弁護士に弁護士としてのあるべき姿をみました。

「アディーレは債務整理ばかりやっている」といわれていましたが,実際に働いてみて,それは誤りでした。確かに債務整理は事務所の案件として取り扱っていますが,業務の合理化・分業,そして適切な人事配置・業務フローがなされているため,弁護士が債務整理以外の案件に取り組んでいる時間のほうが多いと感じました。人材マネジメント部の弁護士の方は「弁護士であれば,どんな事件も扱わないといけません。我々は,依頼者の方のために動くものであり,『専門性』というものに臆病になってはなりません」とおっしゃっていました。マネジメントクラスの方がそう認識している以上,今後もアディーレの弁護士業務は多様性を増していくと思います。