合格者から見たアディーレ

アディーレの事件への取り組み方は大変興味深いものでした

刑事事件や労働事件に関わり,法廷の傍聴や法律相談への同席,債権者集会の見学などを通じて弁護士の仕事を勉強させていただきました。

弁護士が被疑者の不起訴を求める意見書や労働審判の申立書を起案するためのサポートを体験させていただき,実際の事件記録からさまざまな証拠書類を整理して法律論を組み立てていくイメージを掴むことができました。また,法廷の傍聴では,法廷でのやり取りを具体的に見ることができただけではなく,資料の作成などの事前準備を拝見していたため,自らが法廷に立つイメージを掴むことができました。また,法律相談に同席した際は,弁護士の方の丁寧な言葉遣いに驚かされ,「弁護士はサービス業」だと実感することができました。

弁護士として将来働いていくうえで,アディーレの事務所運営は大変興味深いものでした。私の想像をはるかに上回る膨大な数の事件が存在している中で,弁護士の方々は複数名で連携して業務に取り組んでおり,分業化しているからこそ,多くの事件が存在しても素早く依頼者の方の要望に応えられ,コストも抑えられるのだと感じました。同時に多様な事件に,効率的に素早く対処される弁護士の方々,それをサポートする事務員の方々の能力の高さに驚くとともに,自らも研鑽しなければいけないと感じました。

法律事務所の空気感やスピード感,一体感を肌で感じることができ,弁護士として働く,社会人として働くことを体感できました。大変有意義な経験ができたと思っており,アドバイスをくださった先生方に感謝いたしております。特に上嶋先生,高橋先生,板垣先生,中西先生には大阪支店で大変良くしていただきました。本当にありがとうございました。