よくあるご質問

社会人経験がないため,ビジネスマナーに自信がありません。フォロー制度はあるのでしょうか?

当事務所に入所される方の中には,社会人経験がないまま弁護士としてのキャリアをスタートさせる方も多くいらっしゃいます。そこで,入所後すぐに「ビジネスマナー研修」を実施しています。外部から一流の講師を招き,名刺交換・電話対応などから,組織における仕事の進め方,クレーム対応までを,講義・個人ワーク・グループワーク・ロールプレイングを通して学んでいただきます。研修は,社会人経験がある方にも受けていただきますが,「自分に足りない部分がわかった」,「初心を思い出すことができた」という声も多く聞かれます。

このようなビジネスマナー研修を導入している法律事務所はほとんどみられません。そんな中,当事務所が力を入れている理由は「サービス業の精神」を徹底していることと,弁護士を事務所の“財産”とし,さまざまな法律の分野において第一線で活躍し続ける弁護士を多く輩出したいという想いがあるからです。皆さまが早く弁護士へと成長できるように,“人財”の育成を積極的に行っております。

マナー研修参加者の声

■毛利拓朗弁護士(68期)
講師の方が複数の業種・職務経験をお持ちの方でしたので,さまざまなエピソードとともに話される講義内容は非常に興味深かったです。研修を通して,「先生」と呼ばれる立場になっても,決して奢ることなく,立場にふさわしい品格を備えるように日々自省し,依頼者の方から人格も含めて評価される弁護士になりたいと思いました。

■小宮政史弁護士(68期)
過去の社会人経験において,私は,社内か外注先としか対応をしたことがなく,丁寧な電話対応などがおろそかになっていました。それにもかかわらず,社会人経験があるため,マナーが備わっているものと錯覚していたことに今回の研修で気づくことができ,よい機会となりました。社会常識がある弁護士となり,より「身近な」弁護士となれるように活かしていきたいです。

マナー研修に取り組む弁護士 マナー研修に取り組む弁護士