よくあるご質問

なぜ,毎年数多くの司法修習生を採用しているのですか?

弁護士業界は競争社会を迎えており,低収入に悩む弁護士の実情が多くのメディアで報じられています。国税庁の税務統計では,平成24年に確定申告をした弁護士のうち,25%以上の方が所得200万円以下であるとされています。弁護士としての活躍を夢見ている司法修習生の方の中にも,不安を抱えている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような昨今の状況のなか,私たちは着実に成長を続け,2014年,創立10周年を迎えました。法律相談実績の累計は40万人を突破し,所属弁護士数は180名以上,全国80拠点を構えています。

受け付けている法律相談も,債務整理,交通事故の被害,離婚問題,刑事事件,労働トラブル,B型肝炎の給付金請求訴訟など多岐に渡り,所属弁護士は専門分野を突き詰める,事務所運営に関わるなど,自分のキャリアパスを描いて働ける環境を提供しております。

来年以降も新たな拠点の開設や業務拡大を予定しており,法律事務所としてのさらなる飛躍を目標に掲げています。そのためには,活力に満ちた若手弁護士の力が不可欠であるため,積極的な採用活動を行っております。