弁護士 斎藤 勝也

弁護士 斎藤 勝也のインタビュー

弁護士 斎藤 勝也

入所を決めた理由

もともと新進気鋭でパワー溢れる法律事務所というイメージをもっておりました。
事務所訪問をした際,業務スタイルや描いているプラン等を聞き,「この事務所で働いてみたい」と思ったことに加え,一人の入所希望者に対してじっくり時間をかけて対応していただいた点に,「人に対する誠実」や「人を大切にする思い」が事務所の根底にあるのだなと感じました。

また,事務所が組織として一体となることで,一人でも多くの依頼者のニーズに応えようとする姿勢に,「組織力」,「チーム力」という従来の多くの法律事務所に欠けていた重要な要素を感じ取ることができました。

仕事内容について

斎藤 勝也

担当案件について実務上どのような処理をすればより依頼者の利益になるのか,より手続の適正が保持できるのか等々,頭を悩ませながら事案の処理を考える日々です。しかし,経験ある先輩弁護士に快く相談に乗っていただけるため,萎縮することなく実務を吸収できる環境だと感じています。

債務整理で相談にお見えになった方の面談に入る機会もたくさんあります。相談は当事務所と依頼者が信頼関係を築く大切な場であり,少しでもわかりやすく手続を理解してもらい,安心してもらえるよう,知識・対話力を身につけていくことが大切だと感じます。

また,事務所に寄せられた債務整理や交通事故以外の案件も,個人受任することが可能です。経験が浅いうちは一人では心細いものですが,先輩弁護士と一緒に担当することで慰謝料請求やサイト詐欺など,様々な類型の実務のスキルを習得する機会を得ることができます。

仕事にやりがいを感じるとき

主体的に責任ある仕事に取り組んでいけている点にやりがいを感じています。  相談に見えた方に「来てよかった」とおっしゃっていただいたときは,とても嬉しい気持ちとなるとともに,依頼していただいた期待を裏切らないよう全力を尽くそうという思いが高まり,その後の業務の大変な励みになります。

これから応募される方へのメッセージ

「主体的に仕事に取り組みたい! 様々なことを吸収したい!」と思っている方は,ぜひ一度当事務所に来所してください。
高い意識・意欲をもった方々の充実感を充たす環境がここにはあると思います。