弁護士 中谷 真一郎

弁護士 中谷 真一郎のインタビュー

弁護士 中谷 真一郎

アディーレに入所した理由

規模が大きく,大勢の弁護士が所属しており,しっかりとしたサポート環境のもとで自分の弁護士としての実力を磨いていくことができる法律事務所だと感じたからです。また,同期の弁護士仲間が大勢できることでプライベートの面でも充実すると考えていましたね。

入所して感じたアディーレの特徴

サポート環境は入所前に想像していた以上で,3ヵ月間の研修期間中は本当にたくさんの方にお世話になりました。先輩弁護士や同期の弁護士を相手に模擬面談を何度も行って法律相談の練習を重ねたことで,自分をレベルアップさせてから依頼者の方からの法律相談に臨むことができました。

仕事内容や仕事のやりがいについて

弁護士 中谷 真一郎

今は支店長を任され,債務整理,交通事故,刑事事件といった案件の法律相談の対応などをしています。支店長もワークライフバランスは保たれていて,休日には,その土地の名所に行くこともあります。

法律相談の経験を重ねる中で感じているのが,話し方の重要性です。相談者の方はひとりひとり悩みも性格も違い,弁護士は,人それぞれに合わせて話をしていかなければなりません。的確なアドバイスをしたことでご依頼いただけたときや,自分を信頼してご依頼くださったと実感できたとき,対応を褒めていただけたときはやりがいを感じますね。

また,メディア出演も仕事のひとつで,テレビやラジオ番組の法律相談コーナーに出演しています。メディア出演することは話し方の勉強になり,日頃の法律相談に活かすことができています。実は,以前から弁護士としてメディアに出演することに興味があり,多くメディアに出演している事務所だった点も入所を決めた理由のひとつと言えますね。そして,アディーレに入所した今,それが実現できています。

これから応募される方へのメッセージ

3ヵ月の研修期間というのは,ほかの事務所ではまず聞いたことがありません。そのような環境の中で勉強していくことができますので,弁護士になっていきなり業務を任されたらというような不安を感じるようなことはありません。

支店長は自分のモチベーションになり,弁護士としての成長に繋がる仕事です。支店長だからといって,自分ですべてやらなければいけないのではなく,わからないことは池袋本店やほかの支店にいる先輩弁護士にいつでも気軽に聞けますし,事務員さんもサポートしてくれます。安心して弁護士業務に励むことができます。