弁護士 岩沙 好幸

弁護士 岩沙 好幸のインタビュー

弁護士 岩沙 好幸

アディーレに入所した理由

私は,別の法律事務所で約2年半勤務した後,アディーレに入所しました。前の事務所に所属していた頃からアディーレの規模の大きさを感じており,新規事業の開拓や広告宣伝の費用対効果などでは事務所規模が重要だと考えていました。そして,やはり規模の大きな事務所で働いてみたいという強い思いから,アディーレへの転籍を決意しました。

弁護士の中には独立を考える人もいると思いますが,独立すると規模はより小さくなります。競合事務所はたくさんあり,アディーレのような大きな事務所もありますので,小規模の事務所が集客をするのは非常に大変です。ですから,独立はリスクの高い行動だと考えていました。

入所して感じたアディーレの特徴

事件の取扱件数が今までとはまったく違うことに驚きました。同時に,ノウハウを吸収する,能力を高めるといったことを今までより格段に速くできる環境だと感じました。だからといって業務量が多いわけではありません。以前は,法律事務所はどこも終電まで働くのが当たり前だと思っていましたが,アディーレでは「こんなに早く帰っていいのかな」と思う時間に帰れることもあります。これは,事務所全体でしっかりと連携がとれているからでしょうね。

おかげで,以前よりもプライベートの時間が充実するようになりました。ペットのフクロウと戯れたり,休みの日に1日中自分の時間に没頭したりすることもできています。「これで給料を貰って大丈夫なのかな」と思うぐらいです(笑)

仕事内容や仕事のやりがいについて  

岩沙 好幸

労働トラブルの専門部署で,不当解雇や残業代請求などの案件を担当しています。事件が終了した後に,裁判所の中で何度も「ありがとう」って言って下さった方がいて,その時はすごく嬉しかったですね。

メディア出演も担当しており,視聴者の方々などに法律問題をわかりやすく説明することを心掛けています。メディア出演のノウハウについては司法試験の勉強と違い,基本書・参考書は一切ありません。先輩に教わったり,自分で手さぐりしたりしながら挑戦することが楽しいですね。未開拓の分野に挑戦する楽しさもあります。

また,テレビなどで法律をわかりやすく説明することを心掛けたことで,依頼者の方からのご質問に対してわかりやすく答えられるようになりました。メディア出演をすることは,普段の業務にも活きていると実感しています。

これから応募される方へのメッセージ

転籍を考えている人の中には,仕事のストレスをかなり感じている方もいらっしゃると思います。私も,以前は仕事でストレスが溜まることもありました。ですが,アディーレに転籍してストレスが一切なくなり,よいワークライフバランスの中で,やりがいを感じながら仕事をしています。

風通しがよく年齢の近い弁護士が多いうえ,上司や先輩も尊敬できる方々ばかりです。アディーレでは今まで想像できなかったような新しい弁護士人生を始めることができますよ。